赤羽北AP   2014年2月竣工

駅から10分ほどの住宅地に建つ10戸の賃貸の長屋の計画である。
細街路ではあるが道路に長く接している敷地のため各住戸へのアクセスも計画しやすかったので共用部を持たない長屋形式の住宅とした。
建物外観は周辺の住宅のスケールに合せ分節化し外壁材も周辺街並みのテクスチャーから3種類を選び決定している。
プランニングは、メゾネット住戸8戸とフラット住戸2戸という構成で全ての住戸は異なるプランであり、小さいながらも専用庭かルーフバルコニーを持ちそこには緑が植えられるように設えた。
構造はS造のラーメン構造である。コストを考慮し経済スパンの6mグリットで単純に構成しているがグリットを2mずらすことで単調な外観にならないよう計画した。
この長屋は、各住戸の外壁率は非常に高く通風や採光の面では戸建て住宅のようであるが是非自然や緑の好きな人たちが集まって適度なコミュニケーションをもちながら住んでもらえることを願っている。

   
撮影 斎部 功
 
小振りな緑多い長屋
 
角地に面する
 
分節化されたボリューム
 
街並みに合わせた建物形状
 
勾配屋根とフラットルーフのスカイライン
 
広いルーフバルコニーとピロティー
 
周辺の街並みを意識した形態とテクスチャー
 
自然素材でファサードを形成
 
2つの6mグリットのボリュームの組み合わせ
 
夜景(図と地の反転)
 
広いルーフバルコニーには植栽
 
バルコニーに面した水廻り
 
2.3階メゾネット住戸にはロフト、アクセントカラーは緑色
 
前庭のある1,2階メゾネット
 
明るい階段スペース
 
1,2階メゾネットにはオレンジ色のアクセントカラー
 
2階フラット住戸の屋上への階段室とトップライトのある浴室
 
床レベルの異なる1階フラット住戸
 
worksに戻る