小石川の家   2010年3月竣工

狭小の敷地に家族3人が住まうスペースとホームオフィスと駐車場を確保する大変メニューの多い計画である。
狭い敷地内に駐車スペースを確保するために北側の外壁を水平方向と垂直方向に斜めとした。
また、高さについては天空率を適用し最大限の高さを確保し、室内の容積を極力確保する計画としている。
狭い前面道路幅で道路いっぱいまで建物を計画していることから、前面道路側には非常用進入口のみを設けた
閉鎖的なファサードとしている。
外観は非常にシンプルな構成としているが、1辺の壁の操作と屋根形状により見え方が変化するように計画した。
内部空間は多くのスペースを確保するために、各フロアに性格の異なるロフトを設け多層的に空間を配置している。
それらの空間を結ぶ階段も変化を持たせ上下階の移動を楽しいものにしている。

 
                 撮影:斎部 功
前面道路から オブジェ化された階段
傾いた外壁 子供部屋から和室ボリュームを見る
和 室 半地下のホームオフィス
ロフトを持つLDK
キッチンよりリビングスペースを見る
   
   
 
   
worksに戻る