MUSISION 西台   2013年3月竣工

楽器演奏可能な賃貸集合住宅の計画である。
今回の計画では居室の防音設備に限らず、更に音楽を嗜好しているという共通の目的を持った人たちが集まる集合住宅であるので、入居者同士のコミュニケーションが取れるようにエントランス、共用廊下、屋上の3か所の共用部の充実を図った。
エントランスはミニコンサートが開けるように充分の広さを確保し、また、街に対しても情報発信ができるよう開放的なつくりとした。
共用廊下については最大限廊下幅を確保し、ベンチや植栽を設えた。屋上にも植栽やベンチを設け音楽の創作活動の場として利用してもらう計画である。夏にはこの屋上から花火が良く見えるのでそちらも楽しんでもらいたい。
また、楽器を直射日光から守るために、バルコニー面を北側の道路に向けて配置し窓先空地を設けない計画とした。そうすることで南側に明るく広い共用廊下を設けることが可能となり、また街に対して開いたファサードをつくることができた。
敷地は北西の角地に位置しているため、法的にボリュームは確保しやすかったので1階の階高を4m確保し、3.5mの天井高さとロフトを設け比較的人気のない1階の住戸の付加価値を高めている。
将来、この音楽マンションから音楽家が育っていくことをオーナーと共に願っている。

   
撮影 齋部 功 イイヅカアトリエ
 
南側に共用廊下をもつ建物配置
 
交差点角地に面する
 
道路側ファサード
 
寡黙な西側ファサード
 
開放的なエントランスアプローチ
 
ミニコンサートが可能なエントランスホール
 
1階の廊下も十分に明るく開放的
 
ベンチと植栽を設えた共用廊下
 
真っ白な外装色で地中海の建物のよう
 
屋上の共有スペース
 
防音仕様のリビング
4階のリビングはトップライトを設置
 
1階のリビングは天井高さ3.5m
 
1階住戸は道路からも出入りが可能
 
夜のエントランス
 
道路側に開かれたファサード
 
worksに戻る