バレエスタジオのある家   2012年5月竣工

都内の住宅街に建つ、1階にバレエスタジオ、2階に居住スペースを配した御夫婦二人の住宅の計画である。
御主人は単身赴任で東北におり、東日本大震災で被災された。この建物の計画もどうなるのか心配されたが
御主人が「震災復興のためにも、自宅の計画は進めましょう」という強い信念で中断することなく続行された。
奥さまがバレエを教えられていることから、1階はバレエスタジオと共用玄関があるのみで、木造ながら柱のな
いフレキシブルな空間を計画した。居住スペースの2階においても折戸や家具で緩やかに仕切ることで視覚的
に一体の空間を実現した。バレエのようにリズミカルで流れるような空間構成となるよう全てが調整されている

   
撮影 齋部 功
     
 
シンプルな外観   ロングスパンを実現するトラス梁
 
街に対しておとなしい表情   開放感のあるバルコニー
 

ベットルームとの仕切りは障子の折れ戸   フルオープンの折れ戸サッシでバルコニーとの一体感を演出
 
2階は一室空間   障子を閉めるとベットルームが独立
 
リビングの上にはロフトを配置   ベットルームの隣は水廻りスペース
 
1階は無柱空間のバレエスタジオ   共用のエントランス
 
ベットルームの開口部から階段室に光が差す   街並みに調和した外観
 
worksに戻る