Nicot 新所沢保育園   2013年3月竣工

園庭をもつ木造2階建ての認可保育園の計画である。
敷地内に二本の立派な桜の木があったこと、周囲に近接の建物が無く防火上恵まれていたので木造の保育園に挑戦した。
この建物は準耐火建築物であるが、室内の柱、梁は燃え代設計を採用することで表しとし意匠上のポイントにしている。外装も桜の木と馴染むようにレッドシダーの下見板張りとしている。
保育園では0歳児から5歳児までが生活をしているが、乳幼児における一歳の差というのは大人のそれとは比較できないほど大きなものである。今回の保育園でもレンタブル比を上げるため1,2歳児室と3,4,5歳児室を一体で計画しているが、場合によっては各歳で分けて保育したい場合もある。その際に求められるものは、一体の空間としながらも、各々を分けた保育も可能な、かつ、子供たちが回遊できるような緩やかにつながる空間である。これらの可能性を考慮し、なおかつ部屋の角が全て鈍角で構成される安全な空間をつくりたいという理由から一辺が3.7mの正六角形の保育室で構成される保育園を計画した。六角形の保育室がそれぞれある程度の距離間を保ちながらランダムにつながったプランである。その六角形のモジュールを1階と2階で反スパンずらすことで1階にはピロティーを2階にはルーフバルコニーを設けている。それぞれにウッドデッキを設け子供たちの遊び場としている。六角形を外観にも表現することで既存の桜の木とも調和させることができた。
木造の保育園とすることで子供たちや周囲の環境にやさしい建物ができたと思っている。

   
撮影 齋部 功 イイヅカアトリエ
 
桜の木のある保育園
 
エントランスゲート
 
周囲が開けている敷地
 
4つの屋根が特徴
 
桜の木と調和させた下見板張りの外装仕上
 
6角形を半スパンずらしバルコニーとピロティをつくった
 
吹抜部から光が差し込む開放的なエントランスホール
 
開放的なピロティ空間
 
柱、梁を表しとした1階の保育室
 
6角形の部屋が緩やかにつながっている
 
勾配天井の2階保育室
建具で仕切ると1室となる
 
天井面にはトップライトとシーリングファン、そしてリング状の照明
 
明るく開放的な階段スペース
 
2階ホール
 
トイレはモザイクタイルがアクセント
 
夕暮れ
 
図と地の反転
 
夜景 室内の木仕上げが浮かび上がる
 
お互いの部屋が見えるプランニング
 
worksに戻る