大森山王の家   2012年9月竣工

大森という古くからのお屋敷町の見晴らしの良い敷地に建つ家族3人の住宅の計画である。
コストの制約が厳しかったので、形態はシンプルでありながら他にはない家を創ろうと計画はスタートした。
ボリュームを決定する上で各斜線が厳しかったが、天空率を採用することで南側(道路側)のファサードは
十分な開口が取れるだけの壁面を確保した。2階にLDKを配置することで眺望と天井高さを確保し開放感の
ある空間を実現した。家の中心となる2階の空間を特別なものとしたかったので、屋根の棟全てにスリットを
設け空が見えるようにした。このトップライトは日時計のように空間に時間軸を与えより豊かな空間としている。

   
撮影 齋部 功
     
 
眺望の良い斜面地に建つ   2階は大きな開口部
 
開口部からトップライトが見える   眺望の良い南側に大きな開口
 

床から天井までの開口部   ダイニングと3階のベットルームを貫くスリット
 
スリットからの光が空間を際立たせる   オープンなキッチンレイアウト
 
3階の天井にもスリットが設けられている   駐車場の上は1階のベットルームと一体となるロフト
 
視覚的につながる空間構成   金属の外壁は刻々と色が変化する
 
夜景は図と地が反転する   抽象的な空間
 
worksに戻る