涼風の家   2010年10月竣工

『夏場でもエアコンなしで犬猫と共に快適で健康に過ごせる家を建てたい』という建主のたっての要望からこの住宅の計画はスタートした。
敷地周辺は、以前は町工場が中心であった複雑な細街路で構成された下町の住宅密集地である。今回の敷地は、その中でも決して広くなく、南側の接道長が4m弱と間口が狭く奥行き方向に長い形状で、隣家は境界線に近接しており、採光や通風、プライバシーなどの面では決して条件は良くなかった。
夏快適に過ごせる家を提案するにあたり、建物内の換気と日射の遮蔽を重点的に計画した。夏場の換気については、小住宅であることから建物全体の空気の流れを検討し、建物形状を決定している。夏場の遮光対策としては採光面にファイバーグレーチングのスクリーンを設けている。勝手口へのアプローチに設けたパーゴラもプライバシーを確保しながら涼をとる縁側のような半屋外空間として利用されるだろう。ファイバーグレーチングやパーゴラは構造計画上も壁量の少ない短辺方向の変形を抑える重要な要素となっている。
内装材、造作家具材、そして断熱材までもすべて自然素材を使用することで、建主や犬猫の健康面について十分な配慮を行った。床、壁、天井は全て杉の無垢材とし、床の保護材も自然塗料を使用した。手や足が触れる部分に熱伝導率の低い木を使用することで夏場の快適性も得られる。外観のメタリックな表情とは対照的に、室内はくり抜かれた木の中に居るような温かみのある印象としている。照明や床・天井の通気口、階段手すりなども木による造作にこだわった。2階のリビングは小さな空間ながらも木目の表情やファイバーグレーチングの光の陰影により奥行き感のある空間とすることができた。
この住宅を設計して、我々が忘れかけていた夏を快適に過ごすための昔からの人々の知恵を改めて感じた。こうしたベーシックな住まい方の提案が建物を永く愛着をもって住んでもらうには重要であろう。

   
撮影 齋部 功
     
 
間口が極端に狭い敷地形状   南側は縦長プロポーション
 
夜は内装の木が際立つ   勝手口へのパーゴラは構造的にも重要な役割をしている
 
2階リビングスペース   床、壁、天井全て杉板張り
 
ファイバーグレーチングが日除けとなる   天井の一番高いところは4m
 
階段の木手摺は金具を用いていない木組   1階勝手口と階段
 
1階玄関方向を見る   階段奥はトイレと洗面、浴室がコンパクトに納まっている
 
worksに戻る